「はるのいざない」だより
強迫性障害・加害恐怖、ある人の場合/小説『また開く花のように』新着!!

16年以上前に書きあげ、最近はアメブロで公開していた小説『また開く花のように』。 文章かたいし、ともかく長い!それでも、あの時、伝えたかった思いがぎゅっと詰まっていて、思わず新しいサイトを作ってしまいました。 小説のテー […]

続きを読む
観念・感情・思考
ペイン ボディ エックハルト・トール

「いま、この瞬間」を味方にしないと、感情的な痛みは増えつづけ、痛みを背負って人生を歩むことになります。新たにこしらえる感情的な痛みは、心とからだにすみついている、過去の経験による痛みにくっつき、雪だるま式にどんどん大きく […]

続きを読む
エネルギーボディ
インナーボディ エックハルト・トール

ネドじゅんさんの動画で知ったエックハルト・トール氏。早速、動画を見てみたのですが、親しみやすいネドじゅんさんと比べてしまうからか、なかなか最後まで見ることができませんでした。 それがどうして『さとりをひらくと人生はシンプ […]

続きを読む
観念・感情・思考
観念と感情 バシャールに学ぶ

自分の中から湧き上がってくる感情の激しさに辟易しているあなた、観念と感情の関係を知っていますか? 私に初めてその関係を教えてくれたのは、1989年に発行された『BASHAR2』という本でした。 BASHAR・バシャールは […]

続きを読む
観念・感情・思考
エネルギーによってふくれあがった思考 エックハルト・トール

問い では、感情はどうなんですか? わたしの場合は、どちらかと言うと、思考よりも感情にふりまわされることのほうが多いんですが。 答え わたしが「思考」という言葉を使う時は、考える活動以上のことを意味しています。それは無意 […]

続きを読む
観念・感情・思考
思考とは? 感情とは? エックハルト・トール氏に学ぶ

 わたしが二十九歳になってまもない、ある晩のことでした。夜中に目を覚ますとわたしに「絶望のどん底だ」という思いが、おそいかかってきました。こんな気持ちになることは、当時のわたしにとって、珍しいことではありませんでしたが、 […]

続きを読む
ジル・ボルト・テイラー博士に学ぶ左脳マインド・右脳マインド④

もし回復を「古い脳内プログラムへのアクセス権の再取得」と定義するなら、わたしは一部しか回復していません。どの感情的なプログラムを持ち続けたいのか、どんな感情的なプログラムは二度と動かしたくないのか(たとえば、短期、批判、 […]

続きを読む
ジル・ボルト・テイラー博士に学ぶ左脳マインド・右脳マインド③

(前略)右脳はすべて、「いま、ここで」に関係しています。それは歯止めなく熱狂し、はねまわり、どうなろうと知ったこっちゃありません。よく微笑み、やたらとフレンドリーです。 それと比べて、左脳は細部で頭が一杯で、分刻みのスケ […]

続きを読む
ジル・ボルト・テイラー博士に学ぶ左脳マインド・右脳マインド②

わたしが脳卒中によって得た「新たな発見」(insight)は、こう言えるでしょう。「頭の中でほんの一歩踏み出せば、そこには心の平和がある。そこに近づくためには、いつも人を支配している左脳の声を黙らせるだけでいい」 ジル・ […]

続きを読む
ジル・ボルト・テイラー博士に学ぶ左脳マインド・右脳マインド①

 想像していただけると思いますが、私は神経科学者の視点から、自らの脳が系統的に機能停止するのを観察することに魅了されました。左半球への損傷は重篤で、話したり言語を理解したりする能力を失うことが予想されました。さらに、左脳 […]

続きを読む